洗顔石鹸徹底活用情報局~もう迷わない!洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸は、調べれば調べるほどその奥深さに気づきます。いろいろ失敗した過去の自分を思い出しながら、執筆いたしました。洗顔石鹸を探している人の役に立てるとうれしいです。 - もう迷わない!洗顔石鹸の選び方

もう迷わない!洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸を使ってみようと思ってみたものの、インターネットで調べたら種類が多く選べない方も多いと思います。
また、ドラッグストアに行っても、価格帯もいろいろで、「どれがいいのか、わからない」と迷う方もいると思います。
洗顔石鹸初心者の方や、これだという洗顔石鹸に出会えていない方のために、どのようなものを選んだら良いか参考になればと思い、まとめました。

洗顔石鹸には種類がある

「洗顔石鹸」と一口に言っても、実は種類があります。
固形ならどれでも石鹸ではないのですね。

私は最初そのことを知らずに、デザインに魅かれて購入した石鹸がありました。
正確にはそれは石鹸とは言えないものでした。
弱酸性や中性のものは、見た目が固形でも、石鹸とは言えないのです。

本物の石鹸は「アルカリ性」です。アルカリ性の洗顔石鹸で洗うと、つぱったように感じます。
それは、汚れが落ちた証拠であり、健康的な弱酸性の肌に戻ろうとしているサインなので、心配はいりません。
肌にどのようなことが起きているかと言うと、表皮に必要な皮脂を出している状態です。

無添加の洗顔石鹸って肌に良いの?

洗顔石鹸の一番の落とし穴が”無添加”というキャッチコピーだと思います。
何だか肌に良さそうな響きですが、勘違いをしている方も多いように思います。

例えば次の成分が一つでも入っていなければ、”無添加”と言うことができます。

○合成香料
○防腐剤
○着色料

そして、合成香料は入っていないけれど、合成界面活性剤は入っている商品も無添加と言えてしまうので、パッケージを確認するなど注意が必要です。
無添加だからといって、肌に悪いものは一切含まれていないわけではないのですね。
せっかく肌のために洗顔石鹸にしても、実は合成界面活性剤の入っているものを選んでいた、なんてことは避けたいですよね。

どのような石鹸を選んだら良いの?

では、どんな洗顔石鹸を選んだらいいのかというと、完全無添加石鹸です。
完全無添加とは、化学成分が一切入っていないことを意味しています。
合成香料、防腐剤、合成界面活性剤などの化学成分が入っていないということですね。

完全無添加とは言っても一種類ではなく、原材料の違いにより種類が複数あります。
例えば、オイルの種類ですが、

○オリーブオイル
○茶実油
○大豆油
○ココナッツオイル
○マカデミアナッツ油
などがあります。

参考までに、オリーブオイルは洗浄力は高く泡立ちも良いですが、大豆油は洗浄力は低く泡立ちは普通です。
この原材料の違いが、使用感の違いにもなりますので、自分の肌に合ったものを選びたいですね。

最後に

まずは「アルカリ性」の石鹸を選ぶことです。
そして、無添加というキャッチコピーに惑わされずに、成分をチェックしてください。

洗顔石鹸と言っても奥が深いです。
本当の意味で、自分に合う洗顔石鹸を探すのは簡単ではないかもしれないですが、正しい情報を入手して、あなたの肌に合う洗顔石鹸を見つけてくださいね。

洗顔石鹸おすすめはこちら

更新情報

2016/04/22
もう迷わない!洗顔石鹸の選び方の情報を更新しました。
2016/04/14
こんにゃく製の洗顔石鹸の効能と特性についてを新規投稿しました。
2016/04/14
ドラッグストアで人気の500円の洗顔石鹸を使ってみましたを新規投稿しました。
2016/04/14
固形石鹸が洗顔時に最適で人気がある理由についてを新規投稿しました。
2016/04/14
洗顔石鹸を全身に使ってみましたを新規投稿しました。
ページ上に戻る